毎日がトライアルSEASON2

「StraightOn(ストレートオン)」発行人、どろみのるの不定期日記。日々の仕事からこぼれたあれこれや、私的なことなどを思いつくままに綴ってみたいと思います。ストレートオンはトライアル専門誌です。トライアルレース、トライアルバイク、トライアルテクニックレクチャーや入魂のメンテナンスなど、トライアル情報満載!
<< スーパークラスなフロントアップ | main | 今年のライセンス >>
怪我はきちんと治す。ガンバレ伊藤みき選手
0
    ソチオリンピックでは、滋賀県出身のモーグル選手、伊藤みきさんを応援していました。
    笑顔がとてもすてきな方であります。

    ところが、昨年12月7日に右膝前十字靱帯55%断裂ですと。
    で、本番直前の公式練習で、ゴール直後に倒れ込み、動けなくなり、担がれて退場したシーンを見た方も多いと思います。
    着地で亜脱臼していたそうです。
    ご本人のブログでは「地球最後の日」と思ったくらいだそうです。

    怪我をしてから、2ヶ月少しで本番。
    僕は無理だと思っていました。奇跡が起きない限り。
    モーグルって、見るからに膝に大きな負担がかかるスポーツです。
    で、僕の予想通りの結果になってしまいました。本当に残念ながら。

    僕が「地球最後の日」、右膝前十字靱帯を完全断裂したのは、今からおよそ27年前です。
    一人でのトライアルの朝練中に転倒、運悪く落ちてきたマシンが右ふくらはぎを直撃しました。膝が前に押し出された形ですね。
    痛いんです。ほんと、息が詰まり、口から泡を吐き、寒気がして、そして動けない。
    倒れたマシンも起こせず、30分くらいうずくまっていたのを思い出します。
    人生で経験がない痛み。尋常でない気はしていました。
    その後一週間は膝が曲がらず、当時の下宿の和式便所では、左足一本のフルスクワットで…。
    でも、若気の至り、切れたことを知らずに、腫れが引いて痛みが薄らぐと、普段通りの生活に。
    でも、ちょっとしたことで右膝がカクンッとなり、そのたびに痛い。
    痛いので力も入れない→筋力も落ちる→さらに外れやすくなるの繰り返し。

    再腱手術を受けたのは(切れたことを知ったのは)3年も経ってからです。
    この間に難度も亜脱臼を繰り返していたので、半月板はすり切れ、骨頭も傷だらけになっていました。

    僕の右膝には、長さ25cmくらいの手術痕があります。当時は、完全に膝を開いて靱帯を繋いだんですね。
    この傷がふさがり、長い期間の痛い痛いリハビリがあって、ようやく歩けるようになりました。

    現在は1cm程度の切り口を2箇所で、内視鏡手術で再腱手術が出来るそうです。
    快復も当時の僕の10倍くらい早いのかな。

    手術をして貰った京都の整形外科には、その後別の怪我でも何度もお世話になっていて、行くたびに、受診する怪我の前にベッドに寝かされて、術後の靱帯のチェックをされます。ドクターも気になるんですね。
    結果、繋いだ靱帯は元の100%の強度に戻っているそうです。要はその後脚の筋力を戻せるかどうか。
    僕は、術後3年目あたりにはほぼ90%くらい復活していたと思います。
    ただ、筋力と靱帯は復活したのですが、粉々になっていた半月板は削除してなくなったし、荒れた骨頭は快復せず、今になって「変形性膝関節症」で正座も出来ない事になっています。
    でも、繋いだ靱帯はまだまだしっかりつながっていてくれます。

    人生80年?もっと長い?その間できるだけ健やかにいるためには、怪我をしたら速攻できちんと治すということです。
    僕の場合、「運動中に水は飲むな!」に例えられる根性の体育会の最後の世代でした。でも、根性では切れた靱帯は治らなかったです。無念。

    今、毎日では無いけれど、ぼちぼち脚を動かしています。すると、壊れているところは変わらずですが、少しだけ筋力が戻って来ました。片足立ちで靴下がはけなかったのがはけるとか、リアホップしようと踏ん張った瞬間に痛みが走っていたのがマシになったとか、そういう程度ですけど実感があります。
    2年かけてわずかに、でも確実にマシになっています。

    伊藤みき選手はすでに帰国されていて、再腱手術に向けてリハビリされているそうです。
    必ず復帰出来ると信じていますよ。というか、復帰しますね、間違いなく。
    4年後を楽しみにしています。

    怪我をしない人はいない。大事なのは、速攻できちんと治すことです。
    不自由な膝になった僕の自戒を込めて。
    | 雑記 | 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog2.straighton.jp/trackback/367
    トラックバック
    ストレートオン最新号
    定期購読のご案内
    オンラインショップ
    LINKS
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    PROFILE